読者さんの記憶に残るライティングテクニックとは?


こんにちは、アツシです!

今日も情報発信のメルマガについて
お話していきたいと思います!

メルマガは、収益化を考えたときに
とても重要な役割を担っていますし、

なにより情報発信の一番の醍醐味である
マーケティングやセールスのノウハウが詰まっているので
メルマガについては、しっかりお伝えしていきたいと思います!

前回は、継続的に読まれるメルマガとは?
ということについてお話しました。
・継続的に読まれるメルマガとは?


今日はより記憶に残るメルマガを書くために
というテーマでお届けしていきます。

前回まででメルマガは
お客さんが問題を認知してもらうための啓蒙活動だと、
お話しました。

啓蒙活動をやっていく中で、
あなたが確実に伝えたいメッセージを相手に届けなければいけません。

伝えたいメッセージをいかにして届けるか、
いかにして相手の記憶に残すか、
真剣に考えて取り組む必要があります。

ここで1つテクニックの紹介です。

それは「ストーリーの力」
簡単に言うと、物語です。

コピーライティングを勉強している方は聞いたことがあるかと思いますが
ストーリーを使うと人の記憶に残りやすいメッセージを作ることが出来ます。

ではなぜ、ストーリーが大事なのか。
人には感情で行動するという本能があります。

これを今日は覚えておいてくださいね。

例えば、僕はパキラという観葉植物を育てています。
乾燥に強いので、だいたい1ヶ月に1度の水あげで大丈夫ですが
1ヶ月に1度って忘れちゃいそうですよね。

でもなんとなく、「今日は乾いてるな、
ちょっとしおれてるな、かわいそうだな」
という感情が働くから、忘れず水をあげます。

常に潤っていて、青々しかったら
水をあげるの忘れてしまうと思います。

このように、
水やり1つとっても感情が作用しています。

お昼ご飯は何にしようかなと思った時も
寒いからラーメンが食べたいとか、暑いからざるそばが食べたいとか。

「チャーシューのこの栄養分が欲しいから」
という理由でラーメンを食べている人は
あまりいないと思います。

人は感情で動きます。

では、逆に感情以外で動くパターンは
どういう場合があるかというと、
習慣化されたルーティーンの作業です。

例えば、朝起きて、会社に行って、仕事をして
ご飯食べて、歯を磨いて寝る、
これは感情が入っていませんよね。

ルーティーン以外は
人は基本的に感情で動いている
ということを意識してください。

感情で動く生き物だからこそ、
感情を動かすようなメッセージを送れば
相手は行動してくれるということになります。

感情を動かすことによって、
誰かがあなたのファンになってくれたり
あなたの商品を購入してくれます。

人は感情で行動する=感情を動かせば行動してくれる、
そこにフォーカスして、ストーリーを使っていきましょう。

今日は
感情を動かすためにストーリーが非常に大事というお話でしたが、
次回は具体的にストーリーの使い方を説明していこうと思います。
それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ご質問、ご相談はメルマガへのご返信、
もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

Skypeへの直接申請も大歓迎です^^

PAGE TOP