情報発信

デジタルコンテンツ販売における種類と価格帯を解説


こんにちは、アツシです!

今日はデジタルコンテンツの種類や価格帯について
僕が今まで買ってきたものや販売してきたものを参考にしながら
お話していこうと思います。

まずは、デジタルコンテンツって何?
というところを簡単におさらにしておきましょう。

デジタルコンテンツは
その名の通りデジタルのコンテンツ。

読んだり、聞いたり、見たり、
そういうことを前提としたオンラインのコンテンツです。

オンラインで読んだり聞いたり見たりできるようなコンテンツのことを
デジタルコンテンツと呼んでいます。

たとえばWEB上で見られるPDFのニュースレターだったり、
電子書籍なんかは見たことあると思いますが

それもデジタルコンテンツですし
最近では本をナレーターが読んでくれる
オーディオブックもそうです。

僕がお届けしている動画ももちろん含まれます。

総合していうと、WEB上やオンライン上で
読んだり聞いたり見たりできるコンテンツになります。

では、デジタルコンテンツの
種類と価格帯についてお話をしていきますが、
今後あなたがどんなコンテンツを作成したいのか
考えながら読み進めて欲しいなと思います。

動画を撮るのが苦手という方は動画にしなくて大丈夫ですし、
逆に書くのが苦手だという方は動画で話せばいいですし
顔出しをする・しないもその人の自由です。

僕は顔出しをした方が伝わりやすいかなと思ってやってますが、
PCの画面を録画しながらしゃべるだけでも
十分コンテンツになります。

読み進める前にぜひ考えてみてくださいね。

では、デジタルコンテンツの種類ですが
まずは電子書籍

これはPDFでも構わないですし
しっかりと書き上げたものをキンドル等に登録して
アマゾンに出品したりもできますよね。

必要なスキルはライティングだけです。

文字を書いて、販売するだけ。

販売するプラットフォームも
アマゾン、ヤフオクだったり、自分の好きなところで販売出来ますし
もちろん自分のブログで販売も出来ます。

価格帯的には、1,000円〜50,000円くらいが
一般的かなと思います。

僕も今まで無料で電子書籍も出してきましたし、
教材を作って20,000円〜30,000円で販売したこともありますし、
自分が購入した教材もそのくらいの価格帯でした。

次に2つ目、有料のメールマガジンや、ニュースレターです。

ホリエモンもやってますが、
月額数千円〜数万円までいろいろあります。

これは僕の感覚ですが、
月額1,000円〜10,000円くらいの範囲内で
優良のメルマガやニュースレターが
受け取ることが出来るんじゃないかな思います。

月額制のものは
1人1人の負担もすごく少ないですし、
集客しやすいビジネスの1つだと思います。

そして次はオーディオコンテンツ
これは動画もそうですが、聞くだけのものも含まれます。

ラジオ英会話など、オンラインで聴けるものだったり
起業家同士の対談オーディオコンテンツを毎月配信したり
売り切りのものとかもありますね。

これは月額1,000円〜数万円のものが
多いかなと思います。

オーディオコンテンツは今すごく流行ってますよね。

毎月情報が更新されていくような会員制のサイトや、
会員だけが交流できるようなコミュニティがあったり。

価格帯は月額20,000円〜50,000円くらいで
販売されることが多いかなと思います。

ちなみに僕も会員制サイトに登録したこともありますし
所属したこともありました。

オンラインでの交流オンリーであれば
2,000円〜50,000円くらいが相場かなと思います。

そしてここから単価が上がってきますが
ビデオコンテンツですね。

僕は無料で動画を公開していますが
仮にこれを20,000円、30,000円で販売することもできます。

お客さんが欲しいと思ってくれるかどうか
というのが大前提にはなりますが
販売するだけであればいつでも出切るということです。

僕は先日、50万円のビデオコンテンツを購入しました。

50万円の商品を買うのは
僕としても勇気がいりましたが

すごく価値のあるものだったので、
もちろん買って損はありませんでした。

買った側も価値を受け取って嬉しい、
販売した側も何もせずに50万円の商品が売れて当然嬉しいと思うんです。

まさにwin-winですよね。

ビデオコンテンツの価格帯は幅も広く
僕が見てきた中では数千円〜MAX50万円という感じです。

次にWEBセミナーですね。

実際に会場に足を運ばなくても
WEB上でセミナーを受ける事が出来ます。

価格帯はだいたい3,000円〜50,000円くらいだと思います。

塾の講義など、オンラインで受けられたりしますよね。

ユーストリームやズームという
配信アプリを使ってセミナーや教室を開くことができます。

さらにはオンラインコミュニティもすごく有効です。

僕も今ビジネスコミュニティとして
オンラインで活動しています。

毎月セミナーはありますが、
リアルでの交流を除けば他はほぼオンラインでの交流です。

価格帯はだいたい10万円〜300万円くらいかなと思います。

以上、デジタルコンテンツだけで考えても
すごくたくさんの種類と価格帯があることを分かっていただけたと思います。

僕のコミュニティでは商品を販売する場合、
価格帯については逐一コンサル生と相談をしながら
一緒に決めていますが、コンテンツ作りに関して言うと、
ほぼ無料で作成できます。

自分の知識を提供するものなので、
元値がかからないんですよね。

100万円の商品が年間10本売れたら
それだけで年収1000万円になります。

これってすごいことです。

もちろんその情報に100万円の価値をのせていく
スキルは必要ですが
価値のあるものが売れればそれだけの収益になります。

最初はピンとこないと思うので、
まずは1万円の商品を作ってみるところからスタートしてみてください。

この時に内容を先に決めるというより
まず価格を決めて、それに見合う自分の納得のいくコンテンツを
作ればOKです。

提要できる情報の価値を高めていけばいくほど
収入は比例して青天井で伸びていきます。

自分の価値を徐々に高めていくために
どうしていくべきかを常に考えて修正、改良して

どんどんサイクルを回してより良いものを作って
その価値を世の中に届けていくことで、
あなたもどんどん収益を伸ばしていくということです。

今日はデジタルコンテンツの種類と価格帯のお話でした!

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ご質問、ご相談はメルマガへのご返信、
もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

Skypeへの直接申請も大歓迎です^^

ABOUT ME
アツシ
アツシ
アツシです。