ヤフオク出品でよくあるミスと意識するべき点

こんにちは、アツシです!

この項目ではヤフオクでの出品について

初心者がよくやってしまうミスについてお伝えしていきます。


まだまだヤフオクを始めたばかりの方は、これからお伝えする内容を

頭に入れた上で出品作業を行うようにしてくださいね。



それでは、まず最初にヤフオクの出品概要からおさらいしていきます。

ヤフオク出品概要

1円出品、または輸入商品の出品に関して注意する点

間違っても落札時間を朝に設定しないようにする。


これは、初心者がよくやりがちなミスなのですが、

夜10時に落札時間を設定したつもりが、朝の10時になっていた などです。


朝はアクセスが集まりづらく、

落札間近の価格の競り上がりが期待出来ないので、気をつけましょう。

ということですね。


※この終了時間は重要な事項なので再度、下の項目で詳しく説明します。

●商品説明欄に輸入品であることを必ず記載する


これを記載し忘れると、お客様からのクレームに繋がります。

返金対応なども非常に面倒なので、ケアレスミスは避けましょう!


商品が落札された後は速やかに出品者から連絡をする


こちらも非常に大切な項目です。

ヤフオクは相手の顔も見えない状況で商品を個人から購入する訳ですから、

信用が一番だということを常に意識しましょう。


自分が出品された商品が落札されたら、速やかに【マイオークション】の

【取引ナビ】より落札者様へ連絡をしましょう。

⇒ 【ヤフオク】取引連絡をスムーズに行う手順


オークション終了時間の設定ミスについて

我々が商品を出品する時に大前提として考えなくてはいけないことがあります。

それは、

お客さんが自分の出品した商品を見てどう思うかです。


商品内容もそうですが、欲しい商品に対して

一番気にする部分は、やはり値段落札時間ですよね。


という事は、値段は1円出品だとしても、高値で売るための大前提として

相手に見られる時間に出品しなくてはいけません。


僕も過去に何度かミスしてしまった事もあるのですが

“出品の時間帯”にはかなり注意が必要です。


下記画像を見てください。
syuryozikan
この時間を朝の9時からなどにしてしまうと、見る人がまずいません(^^;


必ず夜の時間帯に設定しましょう。

例えば、21時〜24時が1番おすすめです。


僕も朝の時間帯にしてしまい損をした事が何度かあります(笑)

ここには注意しましょう。

※注目メモ

平日の水曜日と週末の土日はアクセスが集まりやすいので、1円出品の場合は、

最低3日以上の出品で落札日を上記の曜日に設定することをオススメします。


せっかく商品を出品するのですから、

なるべく高い値段で落札される日時を狙っていきましょう!

商品説明に関して

商品説明は『標準』を目指しましょう。

必ずしも1番を目指す必要はありません。

残念ながら、特に頑張って書いたからといって価格が上がったりする事はありません。


ただ、アンティークなど商品の状態が大きく関わってくるような商品に関しては、

写真や書品説明文がかなり重要になってきます。


それ以外の商品の商品説明に関してはあくまで『標準』を目指してください。


商品説明が 1 行、写真が 1 枚というのは論外ですが、

普通に商品の説明、状態、仕様(重さ、年式、型番など)

が書いてあって、写真が3枚あれば OKです。

写真撮影に関して

写真撮影に関しても、そこまで凝った物は必要ありません。

しっかりと全体がわかるように撮れていれば何も問題ないです。


ここでも、

お客様の目線になって、どのような写真が見たいか

ということを考えながら撮影をするようにしてください。


特にアンティークなどの中古品は傷や痛みがある場合に、そこを記載、

もしくは画像を提示しないと後々クレームになることがあるので注意が必要です。


それでは、ここで簡単に写真撮影のテクニックを2つ記載します。

===========================
1 写真に商品全体が映るようにする
(端が写真に収まってないなどはダメ)

2 商品の全体とアピールするポイントを見せられるように
 3枚の写真にそれぞれに役割を持たせる
(全体・前・横・後ろ・箱など)
===========================


写真に関しても、あまり時間をかけ過ぎず、できるだけ効率的に撮影しましょう。


それでは、以上が

ヤフオク出品の際にやってしまいがちなミスと意識していくべき項目です。


ヤフオクでの出品戦略と使い方をマスターすれば

すぐにでも手元の商品を現金化できるようになるので

自宅の不要品を含め多くの商品を出品して経験を積んでいきましょう。

PAGE TOP