海賊版・偽物ブランド品の輸入、転売は違法か?

こんにちは、アツシです!

今日は海賊版の輸入、販売について記事を書いていきたいと思います。

輸入転売ビジネスを実践していく中で、最初はビッグブランドの商品を仕入れる際に
間違えて偽物(海賊版)を仕入れてしまう方が結構います。

偽ブランド品やその他海賊版と呼ばれる商品は特許権や商標権、
著作権を侵害する物であることから基本的には輸入してはいけません。

では、なぜ基本的には。なのかを説明していきます。

理由としては、
個人で使用する物に関しては現状、取り締まりがないという理由が挙げられます。

これは関税法ではなく、特許法や商標法に帰属するもので
海賊版の商品、偽ブランドの商品を商用として輸入してはいけないという規定にあたります。

逆にいうと
個人で利用する物に関しては商標権や特許権の侵害にあたらないということが言えます。


では、なぜ空港で偽ブランド品を税関に没収されるのか?
これについては個人での申告が漏れているか、税関で商用品だと判断された場合です。

商用で輸入された偽ブランド品に関しては関税法違反になるので没収されます。

しかし、いくら個人で使用する物といえど、そもそも海賊版の製品や偽ブランド品が
知的財産権を侵害している違法品なので、それを手にすること自体は違法でありませんが
【限りなくグレーに近い行為】だということを覚えておいてください。

そして当然ながら偽ブランド品や海賊版製品を製造もしくは販売すると違法になります。

これは紛れもなく著作権、特許権、そして商標権を侵害する行為です。

最近ではインターネットで簡単に海外製品を個人輸入出来るようになり
偽物と知らずに輸入してヤフオク等で転売している方が多くいます。

こういった事態は商売を続けていく上では絶対に避けなければいけません。

では、偽ブランド品・海賊版販売の代名詞となっている中国ですが、
なぜこんなにも堂々と偽ブランド品や海賊版の製品を販売しているのでしょうか?

その理由は
中国では無断で特許権を侵害しても刑事罰には問われないから。です。

もちろん、民事的責任は問われるので、訴えられたらその責任を負うことなりますが
刑事罰として罰金や懲役は課されないのです。

そういった事実もあって、
中国は特に取り締まりの難しい国外の製品を模造して販売しているんですね。

中国恐ろしい。。

まぁこれは我々日本人には防ぐことが出来ないことなので
最終的にまとめると、海賊版や偽物ブランドは合法・違法問わず
手にするのを止めましょう。ということです。

偽物を手にして得するのは著作権・特許権を侵害している人達だけです。

日本で言う犯罪者と呼ばれる人達に荷担するのは避けましょう。

次の記事で個人輸入におけるebayでの偽物判別の方法について
解説していますので、ぜひebay輸入をしている方は目を通しておいてください。

⇒ ebayで海賊版・偽ブランド品の購入を避ける方法

ではでは、
本日も最後までお読み頂きありがとうございました。










PAGE TOP