輸入転売ビジネスにおけるインターネット回線の選び方

こんにちは、アツシです!

今日は輸入ビジネスにおけるインターネット回線の選び方について解説していきます。

現在インターネット回線はADSLもしくは光回線がメインとなっていますが、
結論から言うと【回線は速ければ速いほど良い】です。

今後インターネットビジネスを実践していくのであれば
間違いなく光回線を用意しておくべきです。

理由はいくつかありますが、輸入ビジネスでいうと
【商品画像を表示する機会が多い】からです。

輸入転売ビジネスでは商品をリサーチする機会が非常に多く、
必然的に商品画像のダウンロードが多くなります。

商品画像が沢山あるページは文字だけのページに比べて表示される速度が若干遅くなります。

特に海外のサイトは表示が遅い傾向にあるので、回線は速いに越したことはありません。

また輸入ビジネスと並行してアフィリエイトや情報販売をする場合、
youtubeへの動画投稿や画像アップロード、またブログの更新など
頻繁にインターネット通信を行う機会が増えますので、

やはり回線は速いものを用意しておくことをお勧めします。

しかし、輸入ビジネスを始めとするインターネットビジネスは
初期費用を抑えて実践出来ることが魅力の一つでもあります。

ですので、すぐに最速の回線を用意するというのではなく、
あくまで【得た収益を環境に投資していく】という意識でいてください。

最初から環境にお金をかけ過ぎて切羽詰まってしまっては本末転倒です。

最初は最低限の設備で結構ですので、収益に直結する作業に集中するようにしてくださいね。

初期段階のお勧めとしては、モバイルwi-fiルーター(LTE対応)を持つことです。
これとノートPCがあれば出先でも商品の仕入れが出来るようになりますし環境としては十分です。

またコスト面も1契約で全て補えば月4000円弱で収まります。

僕も会社員の時はノートPCとモバイルルーターを持って会社に行き
帰りがけに駅のカフェなどでリサーチをしていました。

非常に便利で時間を効率的に使えるので是非お試しください^^

以上、インターネット回線についてお伝えしましたが一番大切なのは
利益に直結する作業なので、そこを意識して環境を構築して頂ければと思います。


それでは、本日も最後までお読み頂きありがとうございました!



PAGE TOP