【輸入転売】個人輸入における関税について1から解説


こんにちは、アツシです!

今日は輸入ビジネスを実践する上で避けては通れない【関税】について記事を書いていきます。



関税について知識のないまま輸入ビジネスを行うことは危険なので

最低限の知識は身につけておきましょう。


今回は動画でもお話している関税の基礎知識を貴方にシェアします。



■そもそも関税とは?


まず関税とは何か?というところからご説明していきます。



関税とは

輸入品に対して通関時に徴収される税金のことを言います。


海外の商品を日本国内に輸入する際にかかる税金ですが、なぜ輸入品には税金がかかるのか

貴方はご存じですか?



■関税の主な目的


関税には主に2つの目的があります。


①財政収入に充てる財政関税

②国内産業保護・育成を主目的とする保護関税




①はそのまま文字通り、日本国の財政収入になるということです。

税金収入の種類の一つですね。



②に関しては日本国内で生産された製品、文化、食物を守るという目的があります。


例えば食品。


日本は国内全体の食品の約6割を海外から輸入しています。


それはなぜか?


もちろん日本での自給率が悪いということも言えますが

海外の食品は安くて美味しい物が沢山あるからです。



それだけ輸入ビジネスが儲かるということを実証しているデータの一つですね。



しかし、ここで考えなければいけないのは

【もし輸入品に関税がかからなくなったら、どうなるか?】

というこです。



ここで関税が撤廃されたら、

日本国民は国内の食品よりも安い海外の食品をこぞって買うようになるでしょう。



すると輸入産業は儲かりますが、逆に国産の食品が売れなくなります。



当然国内の商品が売れなくなれば、

それを生産している企業、個人に大きな影響を及ぼします。



例えば農家などは、海外の穀物が溢れることで一気に廃業に追い込まれるでしょう。


なので日本の食物や製品を守る為にも関税は必要な税金なのです。



では、関税について勉強したところで

実際に個人輸入に関わる関税について仕組みをご説明します。


■個人輸入における関税について


個人輸入で仕入れた商品に関しては、以下の基準で課税、非課税が決定されます。

kanzei1

転売目的で仕入れれば課税されますし、個人使用目的で輸入すれば非課税になります。


しかし、実際は個人or商用の判断は税関の判断に寄るので

基本的に仕入れの際は関税も計算に入れるようにしましょう。



■関税の課税対象額について


関税は商品代金の全額に対して掛かるわけではありません。

そこで関税の課税対象額について計算方法をお教えします。


下の図をご覧ください。

kanzei2
kanzei3
輸入品を仕入れる時は上の図の計算式に当てはめて関税の計算をしてくださいね。



商品代金の6割と送料の合計が課税対象額になります。


続いて、消費税についてご説明します。


■輸入品に対する消費税について


輸入品には関税にプラスして消費税もかかります。


課税対象額の算出方法関しては

関税の課税対象額の計算方法と同じなので、下の図を参考にされてください。


kanzei4

同じく商品代金の6割と送料の合計分が課税対象となります。



関税と消費税は別の税金なので、

商品仕入れの際は両方しっかりと計算に入れておいてくださいね。




続いて関税の特例措置について書いていきます。


■課税対象額が1万円以下の場合は関税と消費税が免除される



サブタイトルにも書いた通り、

税金の課税対象額が1万円以下の場合、関税と消費税が免除されます。


課税対象額が1万円以下というのは、下の図のような場合です。

kanzei5

個人輸入、商用輸入に関わらず上記の場合は非課税になりますので、

安い商品に関しては特例を狙って仕入れるのも良いかと思います。



■革製品は要注意


これはよく言われていることですが、革製品は関税率が高いです。


革製品は税率が30%。 非常に高いですね^_^;


製品の一部に革が使用されている場合も税率が高くなる可能性がありますので

靴や鞄、洋服等、素材に革が使われている商品は要チェックです。



■まとめ


まとめになりますが、


最初は極力自身で商品を受け取るようにしましょう。

そして仕入れの際は関税もある程度計算に入れて仕入れをしましょう。


また、

もし関税に対して不安がある場合は仕入れ先のショップに聞くのも良いかと思います。



くれぐれも勘や、やっつけで仕入れをしないようにしてくださいね(^_^;)



何か内容で分からない事やご相談がありましたら、

お気軽にお問い合わせください。



それでは、

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。




PAGE TOP