輸入転売ビジネスに必要な英語力は?


こんにちは、アツシです!

今日は輸入転売において避けては通れない英語について記事を書こうと思います。

貴方も経験があるかもしれませんが、大抵の日本人は英語が苦手です。


海外旅行にしても輸入ビジネスに関しても困ることが多いと思います。


しかし、輸入ビジネスに関しては必要最低限のポイントさえ抑えておけば

比較的スムーズにビジネスを進めていくことが出来ます。



今日はそんな英語が苦手で思うように輸入ビジネスを進めて行けない人へ

アドバイスをさせて頂こうと思います。


動画でも詳しく話しているので併せてご覧ください^^


それでは、まず

以下に英語が苦手な方が輸入ビジネスで躊躇してしまう点を挙げてみました。


■輸入ビジネスにおいて英語に壁を感じる方の不安要素


●そもそも英文が読めない

●海外サイトの使い方が分からない

●交渉の際に綺麗な文章が書けない


以上の事が挙げられます。


これは、僕のコンサル生にも頻繁にご相談頂くことなのですが

輸入ビジネスを進めて行く上では避けて通れませんので、

いかに負担を少なくしながらやっていくかということが重要になります。


そこで、まずは上二つ不安要素を軽減していく為に、

英語の翻訳サイトを使いましょう



「なーんだ、結局翻訳サイトか」と思う方もいるかもしれませんが、

最近の翻訳サイトって本当に優秀です。


もちろん完璧な日本語には変換されませんが

そもそも輸入ビジネスにおいて完璧な英語など必要ないのです。



肝心なのは、相手に自分の希望が伝わるか

また相手からのメッセージを理解出来るか


この二つに限ります。


なので、完璧な英語を目指そうとせず、

自分が理解出来る程度までに翻訳サイトを使って行きましょう。



以下に僕が使っている翻訳サイトの一覧を掲載しておきます。


■アツシが使用している翻訳サイト一覧



Google翻訳  

エキサイト翻訳 

その他、翻訳サイト「weblio」も非常に便利です。

weblio

主に単語が分からない場合に使っています。


■海外サイト全体を日本語に変換するツール


上記の通り、海外のウェブサイトをページごと日本語に変換するツールがあります。


それは、

Google Chromeというブラウザです。

既に使っている方も多いと思いますが、このブラウザには

母国語以外のサイトを日本語に変換する機能がついています。


輸入ビジネス初心者の方には非常に心強いツールなので是非使ってみてください。


Google Chromeのインストールはこちらです。  


またインストール後の英語翻訳機能の使い方については、以下の記事で説明しています。


Google Chrome日本語翻訳機能の使い方 


■価格交渉の際に綺麗な英語は必要ない


先程も書いたのですが、どうも英語の壁で悩む方は完璧主義な方が多いようです。

特に価格交渉で思うように意思を伝えられないという方がいらっしゃいますが、

実際に伝えることは、そう多くありません。



僕も実際に交渉で言うことは、

・値段を安くしてください

・○月○日までに商品を送ってください

・PayPalで請求書を送ってください



この程度です(笑)


もちろん、相手から来るメッセージも理解しなければいけませんが

こちらが難しい質問をしなければ、翻訳サイトで大抵は解決出来ます。


なので、

綺麗な英文で送られなけらばいけないと、交渉を躊躇しているのであれば

それは全く気にせず、どんどんと交渉をしていきましょう。


何よりも大切なのは、行動です。


躊躇しても値段は安くなりませんし、商品が届くわけでもありません。


それより駄文でも良いので、相手に意思を伝える方がよほど重要なのです。


■最後にこの記事のまとめ


英語はある程度、適当でOKです(笑)


特に月収100万円まではツールを使いながらノリでいけますw


もし貴方が月商1000万円クラスの貿易をするのであれば、しっかり英語を勉強してください。


ただ、それも個人輸入をやっていく内に自然と身についてくることは間違いありませんが。


要は行動が一番大切だということを念頭において作業を頑張っていきましょう!


最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。


ご質問やご相談は下のコメント欄へお願いします。






PAGE TOP